大阪の競売情報を調べる方法

競売と言うと、オークションが思い浮かびますが、裁判所が債権回収のために不動産を売却する時にも、この言葉が使われるそうです。

ただ言葉の読みは、オークションなどの時は「きょうばい」

と読みますが、裁判所が行う場合は、法律用語にならって「けいばい」

という読み方をするそうです。

裁判所で競売にかけられる不動産にはいろいろなものがあるそうですが、その中には当然、住居として適したものも数多くあり、普通に不動産会社などを通して購入するより、低い価格で購入することができる場合が多いようです。

そのために最近では、この方法で住宅を購入するのも一つの手段として用いられる場合があるようですし、それをサポートしてくれる会社もあるようです。

裁判所で行われる競売は、それぞれ地域の地方裁判所が行うことになり、大阪の場合は大阪地方裁判所が行うことになりますが、大阪地方裁判所には、堺市と岸和田市にも支部が置かれていますから、それぞれ地域を分担して競売が行われているようです。

債権者の申し立てによって、裁判所が競売にかけられることが決めた物件は、公告と言う形で開示されるそうです。

公告されると新聞や情報誌などにその物件の概要が掲載されるそうですから、どの地域に同様な物件があるかはそれによって知ることができるようです。

詳しい情報については、自分の調べたい地域を管轄している裁判所に行って、手続きを行えばだれでも閲覧することができるそうです。

大阪の場合は地方裁判所の本庁と2つの支部があるので、本庁が大阪市や摂津地域、堺支部が堺市を中心にした河内地域、岸和田支部が泉南地域と言うように分担しているようです。

ただ、わざわざ裁判所まで行かなくても、最高裁判所が運営している全国の競売情報を集めた専用サイトもあるそうですし、他にもネット上で全国の競売物件の情報を集めているようなサイトがいくつかあるようですから、それらを利用することもできるようです。

競売についてのことや大阪の物件の情報については、こちらのサイトも参考になると思います。

大阪の競売サイトをお探しの方にオススメです